サクラ秘密基地

朱川湊人さんの『サクラ秘密基地』を読みました。
ちょっと不思議なことが起きる系と私は勝手に命名している朱川さんの作品。
多くの作家さんを知っているわけではありませんが、私が知っている限りだと独特の優しいけど物悲しい雰囲気のある作品が朱川さんは多いような気がします。
ただ本のタイトルにもなっている、サクラ秘密基地はかなり早い段階で落ちは見えていました。
作家さんによっては見えるパターンがありますから、そこにピッタリはまってしまった結果ですね。
ただ、2作目の「飛行物体ルルー」と、「コスモス書簡」は私の印象としては朱川さんっぽくない感じはしました。
やっぱり短編は作家さんのいろいろなものが見られるし感じられるので好きですよ。