尾崎英子『くらげホテル』

初読み作家さんの、尾崎英子『くらげホテル』を読みました。
はじめて読む作家さんとの出会いの本が残念だった場合、次も読もうとは思わないので不幸な出会いかもしれません。
だって気に入っている作家さんの本だって、この本はいまいちだなって思うことはありますからね。
もしそのいまいちな本に最初にあたっていたら、その後読む機会も減るでしょう。
それを見越して数冊は読むべきかなとは思います。
でもこの本を読んだら次はないかな。(笑)
正直いってまったく惹かれるところはありませんでしたね。
強いて言うなら登場人物たちの家族が羨ましいってところかな。
私もそんな家族が欲しいと思いましたけどたんなる嫉妬ですね。
なんとも残念な内容でした。